ねこさま宮殿 ~キャッツカールトン赤坂~

猫と人の快適な住環境を叶える 猫と一緒に暮らす
「ねこ共生型マンション」が誕生

ペットのオーナーが集まる、 ペット共生住宅。

このたび、新築戸建の企画・販売からリノベーション物件の 販売まで手がける住栄都市サービスは、 猫と暮らす家「ねこ共生型マンション」の販売を決定しました。 誕生のきっかけや、こだわりの設備・ポイントをたっぷりと紹介します。

猫が好む家とは?

猫も人も快適に暮らすためには、猫の習性に合う家づくりが大切です。

質の高い運動ができる

猫には狩りをする習性が強く残っています。そのため、体を動かすことが本能的に大好き。室内で暮らしていても、思う存分に動き回れる3D環境をつくってあげましょう。

家づくりの工夫

上下運動ができる、ステップやキャットタワーの設置がおすすめです。猫の好きなタイミングで遊べて、運動不足の解消に役立ちます。

家の中を自由に動き回れる

もともと狩りをして生きてきた猫は、縄張り意識が強い生き物。安全が保たれているか確認するため、家の中をパトロールする習性があります。家具の角や壁にスリスリする愛らしい姿は、自分のニオイをつけるマーキングという行為のひとつです。

家づくりの工夫

キャットウォークを設置して、高い所から家の中を観察できるようにしてあげましょう。パトロールしたり、高いところでくつろいだり、猫の好きなように過ごせます。

日向ぼっこができる

猫はポカポカとした窓辺で日向ぼっこするのも大好き。ただのんびりしているだけでなく、体温の維持やダニの駆除、ストレスの解消といったメリットがあるそうです。

家づくりの工夫

日の当たる場所や窓辺に、猫専用の日向ぼっこスペースをつくってあげましょう。窓辺であれば、外の様子も見えて喜んでもらえます。

爪とぎ場所が複数ある

猫と暮らしていると一生懸命、爪をとぐ姿が見られます。猫が爪とぎをするのは爪のケアやマーキング、ストレス解消のためです。また、飼い主さんに「構って~」とアピールするために爪とぎをすることも。遊んでほしそうなときは、時間が許す限り一緒に過ごしたいですね。

家づくりの工夫

猫が存分に爪とぎできるよう、複数の爪とぎ場所をつくるのが理想です。専用のスペースを設けることで、壁や家具で爪とぎされるのを防げるメリットもあります。

トイレの清潔が保たれている

猫はとてもきれい好き。不衛生な環境で暮らしているとストレスが溜まってしまいます。特にトイレの汚れやニオイが気になると、別の場所で用を足してしまうことも。

家づくりの工夫

トイレを始め、室内はこまめに掃除して清潔に保ちましょう。換気して、きれいな空気を取り込むことも意識したいポイント。猫が落ち着けるように、トイレを静かな場所に設置することも大切です。

ねこ共生型マンション 「赤坂アーバンライフ210号室」のこだわり

住栄都市サービスがねこ共生住宅の開発・販売に挑戦したのは、社長からの「開発にお金がかかっても良いから、猫が幸せに暮らせる物件をつくってくれ」という一言がきっかけでした。 社長は4匹の猫を飼っている大の猫好き。自分が実際に猫と暮らしているからこそ、 「ここがもう少し違っていたら……」「こういう設備があると便利だな」というポイントが思い浮かびます。 お客様と、その大切な家族の一員である猫と、みんなが幸せな生活を送ってほしい。その想いから、東京都港区赤坂にあるマンション「赤坂アーバンライフ」の一室を、ねこ共生住宅としてリノベーションすることを決断しました。 開発には、ペットのスペシャリストである大学准教授や、「猫壁(にゃんぺき)」を展開するLIXILにも協力してもらっています。社長の熱い想いとプロの意見、猫が喜ぶ設備が融合し、他にはない共生住宅が完成しました。こだわりの設備を紹介します。

設計監修

Takaaki Fukuyama (博士)
福山 貴昭|1974 - 動物の専門家として動物種がもつ個別の習性を十分理解したうえで、ペットのQOL(Quality of life)を高めるための工夫をインテリアに落とし込むことを意識しています。ペットの健康管理はもちろん、加齢による生活の変化にも柔軟に対応すべくアイデアにより皆様のペットライフを応援します。

デザイン監修

Kazuo Yamamoto (設計士)
山本 和央|1980 - 見た目の美しさや安全性、省エネ性など、家づくりに必要な知識や技術を持ち続け、提供し続けることを大切にしています。隅々まで考え抜き、住み手に合った最良の選択をしてしっかりした図面を作ります。

1リビング

運動とお散歩ができる「ステップ&キャットウォーク」

縄張り(室内)への侵入者を高い位置から観察できる、キャットステップとキャットウォークも本物件の魅力です。 キャットウォークでは、リビング・ダイニング・キャットスルー付き寝室の範囲を、猫の好きなように移動できます。手前にはステップがあり、上下運動にもぴったりです。

2リビング

猫に合わせてカスタマイズできる「にゃんぺき」

リビングのキャットウォークの下、壁面には「猫壁(にゃんぺき)」専用の壁パネルが設置されています。 設置は壁パネルにくっつけるだけと簡単。デッドスペースである壁面に、猫専用空間を創り出します。 並べて設置して活発に動き回れる環境をつくったり、くつろぎスペースをつくったり、愛猫の個性や年齢に合わせてアレンジが可能です。

3リビング

ゆったり&のんびり「日向ぼっこスペース」

窓前の台座の幅を広げることで、猫が日光浴できる「日向ぼっこスペース」を設けました。ゆったりできる広さで、日光浴をしながらお昼寝もできます。リビングにあり、家族と猫が一緒にのんびり過ごせるのも幸せポイントのひとつ。

4リビング

クリーンな空気を保てる「トイレスペース」

「猫に人目を気にせず用を足してほしい」という想いから、トイレスペースを部屋の角にしたのも本物件の特徴です。トイレスペースには、ペット用除菌脱臭機の「クワイスエアー」を設置しました。猫用トイレの上に設置することで、上にあがっていくトイレ臭をしっかりキャッチし、きれいな空気が放出されます。

5キッチン・リビング

猫の安全を守る「クローズドキッチン」

ねこ共生住宅では、家中どこでも猫が自由に動き回れるようにしたいもの。しかし、キッチンはケガや火傷、誤飲などの恐れがあるので、調理中は猫が中に入れないようにすることが大切です。 昨今は開放感のあるカウンターキッチンや、オープンキッチンが人気です。しかし本物件では猫の安全を第一に考え、キッチンの出入り口に引き戸を、リビングとの間には室内窓を設置して、クローズドキッチンにしています。

6バルコニー

安心して遊べる「キャットラン」

リビングとキッチンにまたがる広いバルコニーをキャットランとしても使えます。外で日向ぼっこしたり、鳥や道行く人を観察したり、好きなように過ごせて猫もきっとご満悦。 本物件は2階ですが、転落防止ネットがあるので高い場所からの落下や脱走の心配がなく安心です。

7寝室(左側)

猫穴のある洋室

洋室のステップの先には大きな窓があるので、日向ぼっこのためにも訪れてくれそう。猫穴があり、ドアが閉まっていても猫が自由に出入りできるのも嬉しいポイントです。

8エントラス

猫の大敵 室内に入る前に埃やウィルスなどを落とせるエントランス

高級感と清潔感のあるタイル素材を使用したエントランス。家に帰ってきたらこのスペースで衣服を着脱・収納できることによって、猫が嫌う外からの匂い、埃、ウィルスを落として室内へと入ることができます

9パウダールーム

多頭飼いでも安心「複数個所あるトイレスペース」

近年は猫の多頭飼いの方が増加しているデータがあります。それぞれの猫が落ち着いて用を足すことができるよう洗面化粧台の下部にトイレスペースを確保しました。この他リビングダイニングの日向ぼっこスペース近くの収納スペース下部にもトイレスペースがあり、合計で3箇所確保しています

1 2 3 4 5 6 7 8 9

赤坂アーバンライフ201号室 2LDK

所在地
東京都港区赤坂8丁目6-31
交通
東京メトロ銀座線 / 青山一丁目駅 徒歩6分
東京メトロ千代田線 / 乃木坂駅 徒歩8分
価格
10,800万円
専有面積
71.4m²(バルコニー 4.5m²)
所在階/階数
2階/7階
間取り
2LDK
(リビングダイニングキッチン18.9帖 洋室6.5帖)

NEWS・イベント情報

住栄都市サービスが発信している、「ねこ共生型マンション」の最新の情報をご確認いただけます。

赤坂アーバンライフ210号室 抽選ご予約販売
【内覧会概要】 ■日時:4月8日(月)〜5月31日(金) 内覧会開催予定 ■建物名:赤坂アーバンライフ210号室 ■所在地:東京都港区赤坂8-6-31  ■アクセス:東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営大江戸線「青山一丁目」駅 徒歩6分、千代田線「乃木坂」駅 徒歩8分  ■工事内容:マンションリノベーション ■床面積:専有面積:71.4平米 ■工事完成年月日:2024年4月フルリノベーション ※案内は完全予約制で1組ずつとなっております。※学生・同業者の方はお断りさせて頂いております。 ※本イベント以外の内覧のご希望も、お気軽にお問い合わせください。

ご予約はこちら

資料請求

この物件についてご相談

ご来場予約

この物件についてちょっと質問

ねこさま宮殿 内覧予約はこちら!!